iMacが遅すぎるので外部SSDから起動する様にしてみたら

WEBアプリの開発やワードプレスのテーマの開発に使っている、

iMac(HDD仕様)がOSのアップデートの度に、起動時の待ちやアプリの

起動の待ち時間が我慢が出来ないレベルになって来た。

 

1つこれがという原因では無く、OSも進化すればよりハイスペックを

求めるだろし、アプリも同じ事が言える、Windows10にも言える事ですが

開発環境を入れるとほぼHDDでは使い物にならない状況になっている。

VS2017やAndroid studioは正直動かない事は無いけど、

ビジネスレベルではSSD環境でなければ厳しいなって感じて全てSSD環境に移行した。

 

 

これと同じレベルに、macOS High Sierraにアップデートして感じた訳ですが

本体をそれなりのスペックの機種にすれば問題は無いのでしょうが、

iMacなので中身のHDDの交換は厳しいけどネットで検索すれば

同じような思いをされている方がいるはずと思い検索してみるとビンゴ!

外付けSSDから起動する様にすれば結構使えるレベルなる事例がいくつか見つかった。

※基本はlinuxなんで何とかなるという事みたい。

 

直ぐに試したかったから直ぐに下記の2つを購入してみた。

 

ケースはUSB3.0じゃないとスピードが出ないので注意して、

SSDはOSの起動と開発環境となるアプリ、バーチャルボックス等が動けば

良いので500Gを選択してみた。

 

iMacと接続して初期化して事前にダウンロードしていた、macOS High Sierraを

インストール、ウィザードに従ってiMacの内臓HDDにあるデータも移動したけど

一切の問題は起こらずに2時間半程度で移行完了しました。

 

インストールした時点で、外付けSSDから起動する様になっているけど

OSアップデートした時などに、内臓HDDからの起動に戻る事も

あるそうですが、そういう時は慌てずに起動ディスクの設定を変更すると

外付けSSDからちゃんと起動する様になるので注意しておきましょう。

劇遅に戻るから嫌でもわかるはず。

 

で、で、起動してみた。

インストール直後、まだOSの初期設定も残ってるからこんなに早いのかな???

いや、もしかしたら期待できるかも!!

初期設定もすまして、一通りそうさしてシャットダウン。

再起動してみる、早い!早い!

いや、今日までほったらかしだった自分が問題かも。

主要な開発環境のNetBeans IDEを起動してみる。

あっという間に起動して使える状態になる。

これ何か足らんので早いんか?っていろいろ疑ってみるけど

劇的に早くなってる。

safariもchromeもサクサクだわ!

助かった(泣

 

とりあえず今回、外付けSSDから起動してみる様にしたのは

今の時点ではビンゴだった。

 

ネットに貴重な体験談を上げってくださっていた

皆様ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

テーマのテストでサイトを2カラムに変更

関連記事一覧

マイクロソフトのACCESSは今更ながらこんなに効率よかったのか(笑

マイクロソフトのオフィスシリーズのデータベースソフトのACCESS(アクセス)は ご存知ですか? 最近はWEB系のサービスを作る事が多かった...

WindowsCE絡みの開発環境は?

たまたまなのかそういう流れなのか、WindowsCEで動く 面白いデバイスの案件のお話を頂きました。 簡単そうだと思っていたら1つ問題が、 ...

桜の花も所変われば

広島ではいよいよお花見のシーズンがやってき様です。 ほぼ満開直前という感じで、お昼ごろには桜の花の下で お弁当を食べるグループが何組かいまし...

Google Web Fontsについて理解する

Google Web Fontsについてあまりにも知識の無いまま 使っていたので調べてみた。 HTMLの<head>タグの中なん...

Microsoft AzureでVMマシン

Microsoft Azure利用せねばと思いつつ時間が過ぎていたのですが 利用したくなる案件が立ち上がったので、 ここぞとばかりにVMマシ...